2017 茨城花火大会最新情報!花火デートのスポットやおいしい穴場など

花火大会の開催日、打ち上げ予定数や予定される来場者数、駐車場の情報や場所取りに困らない有料席情報や混雑しない口コミスポットや花火の前に行きたい人気のデートスポットなど、有名な花火大会だけでなく、小規模な花火大会などの情報も。今日行ける茨城の花火大会!

2017年 茨城県の花火大会 デートスポット最新情報 今日の開催は?

f:id:茨城の花火大会開催一覧:plain

 

今年もこの季節がやってきましたね。

茨城県内では、今シーズンも色々な場所で花火大会が予定されています。

その中でも花火の打ち上げ数が1000発以上で、毎年大いににぎわっている花火大会23か所を紹介していきます。

 

会場までのアクセス方法や地図、駐車場の有無など、花火大会にかかせない情報を集めました。

また、花火デートにおすすめな穴場スポットなども紹介していますので、今年の夏は花火大会を思いっきり楽しんでください。

 

 2017年 茨城県の花火大会開催日一覧

 

7月開催

f:id:7月開催の花火:plain

 

7月16日(日)
 第32回さかいふるさと祭り利根川大花火大会 猿島郡境町 20800発

f:id:さかい利根川花火大会:plain


今年で32回目を迎えるさかいふるさと祭り利根川大花火大会は、音楽とのシンクロや観客席の間近で打ち上げられるスターマイン、目の前で上がる尺玉などの「頭上の花火」は大迫力です。今年は、茨城が誇る花火師である山﨑煙火製造所・野村花火工業と、昨年の土全国花火競技大会で内閣総理大臣賞を獲得した紅屋青木煙火店を加えた3大花火師による夢の競演により、2万8百発の花火が夜空を彩ります。

 

7月29日(土)
 大洗海上花火大会 東茨城郡大洗町 3000発

f:id:大洗海上花火大会:plain


大洗海上花火大会は、大洗サンビーチで開催され、約3,000発の花火が舞い上がります。さかいふるさと祭り利根川花火大会でも活躍される、内閣総理大臣賞を受賞している野村花火工業による創造花火などのラインナップとなっており、大迫力の尺玉10連発、ビックスターマインやワイドスターマイン、フィナーレにはミュージックスターマインや二尺玉などが予定されています。

 

7月30日(日)
 第22回阿字ケ浦海岸花火大会 ひたちなか市 2500発

f:id:阿字ヶ浦海岸花火大会:plain


前日に隣町の大洗で行われる「大洗海上花火大会」は有名すぎてすごい人が集まりますが、阿字ヶ浦海岸は大洗の3分の1しか来ないんですね。
花火の規模は似たようなもので、あの野村花火工業の花火も上がります。ゆっくりしっかり見れる花火デートおすすめの場所です。

 

7月30日(日)
 第60回日立港まつり&花火大会 日立市  約2000発

f:id:日立港まつり:plain


まつりの始まりは13時~ 花火大会は19時半~と、その日は一日中楽しめる日立港まつり&花火大会。当日の午前中は「海のイベント」と題して海上保安庁の巡視船の体験航海が予定されており、合計8万人の来場が予定されている大型イベントです。

 

 

8月開催

f:id:8月開催の花火:plain

 

8月4日(金)
 第57回水戸黄門まつり花火大会 水戸市 4500発

f:id:hayarino:20170703025934j:plain


水戸黄門まつりは3日間通して行われます。そのお祭りの初日のイベントとして花火大会が行われます。 打ち上げ予定数は4500発で、10号玉と呼ばれる大きな花火も上がります。打ち上げ高さ330メートル、花火の直径は320メートルにも及ぶ大きな花火です。 花火来場者数だけでも35万人、お祭りを通して3日間で100万人以上の人が訪れる茨城の超大型イベントです。

 

8月5日(土)
 第51回しもつま砂沼花火大会 下妻市 3000発

f:id:hayarino:20170703081449j:plain


360度どの方角からも鑑賞可能な砂沼の花火大会。第50回を迎える今年は「情熱!しもつま!」をテーマに、熱き応援をしもつまから花火を通して発信します。名物の「メガスターマイン」など3つの特大スターマインや随所に取り入れる芸術花火が見所です。

 

 

8月5日(土)
 第12回古河花火大会 古河市 20000発

f:id:hayarino:20170703082307j:plain


古河花火大会の最大の目玉は三尺玉。 玉の重さ約300Kg、開花高度約600m、開花直径約650mと壮大なスケールで花開き、見る人を圧倒します。 打ち上げ総数も約20,000発と関東最大級で、ボリューム満点の花火が次々に現れ見ごたえ十分です。

 

8月8日(火)
 第30回那珂湊海上花火大会 ひたちなか市 1600発

f:id:hayarino:20170703082950p:plain


那珂湊おさかな市場に隣接する那珂湊漁港で行われる海上花火大会。海上ならではの仕掛花火が楽しむことができ、尺玉、特大スターマインやひたちなか市がタコの加工量日本一にちなんだ「タコの花火」など約1,600発の花火が打ち上げられます。中でも水中スターマインは、海から光の花が咲いたように見え、その美しさと迫力は格別です。

 

8月11日(金)
 第53回常総きぬ川花火大会 常総市 10000発

f:id:hayarino:20170703220431j:plain


常総きぬ川花火大会は、花火界のビッグ3と呼ばれる「野村花火工業」「篠原煙火店」「紅屋青木煙火店」による夢の競演です!全国の花火大会100選にも選ばれる壮大な花火大会で、茨城県外からも多くの人が訪れる人気の花火大会です。

 

8月12日(土)
 第64回とりで利根川大花火 取手市 7000発

f:id:hayarino:20170703221427j:plain


大利根橋開通を記念して始まったとりでの花火大会では、尺玉と呼ばれる打ち上げ高さ330メートルの大花火の大輪と音の衝撃を体験できます。利根川河川敷のゴルフコースが観覧場所になるので、見晴らしも良く、最高の花火大会になること間違いなし!です。

 

8月12日(土)
 第39回東海まつり花火大会 那珂郡東海村 4000発

f:id:hayarino:20170703222850j:plain


毎年10万人を魅了する東海まつり花火大会は、数々の受賞経験を持つ野村花火工業株式会社のプロデュースです。24.8ヘクタールの大池公園を舞台に、打上数はスターマインを始め約4,000発。大池に映る鮮やかな花火と、頭の上で響く「ドーン」という打ち上げ音は、夏の暑さや日ごろの疲れを吹き飛ばしてくれます。

 

8月14日(月)
 大子町花火大会と灯籠流し 久慈郡大子町 3300発

f:id:hayarino:20170703223944j:plain


80年以上の歴史と伝統があり、奥久慈エリア最大の行事となる「大子町花火大会と灯籠流し」。久慈川と押川の合流点になる中州から、3300発の花火が打ち上げられ、灯籠が川をゆっくり流れていく様子を見ていると、幻想的な雰囲気に別世界に来たような感覚になってしまいます。

 

8月15日(火)
 牛久大仏万燈会花火 牛久市  約1200発

f:id:hayarino:20170703225146j:plain


牛久大仏の花火は通常の花火大会とは違い、お盆追悼法要の一環として花火が上がります。打ち上げが大仏様の真後ろからで、花火とあの大きな大仏のコラボレーションが斬新だと話題です。花火の後のメインである万燈秒列時には大仏様がライトアップされ、大仏様とレーザービームという、これまた不思議な世界観が見られます。

 

8月15日(火)
 からかさ万灯 土浦市 打ち上げ花火ではありませんが必見です!

f:id:hayarino:20170703230118j:plain


江戸時代には始まっていたと言われる土浦のからかさ万灯。 地名からわかるように昔は「畑」で、雨乞いを祈願して仕掛け花火をはじめたことが始まりなんだとか。打ち上げ花火ではありませんが、直径5メートルの傘に仕掛けられた花火は想像以上に色とりどりで感動的。この花火を見ようと圏外からもたくさんの人が訪れる花火大会です。

 

8月16日(水)
 第30回あゆみ祭り かすみがうら市 1000発

f:id:hayarino:20170703231027j:plain


「あゆみ祭り」は、かすみがうら市を代表する夏祭り。一年に一度の観音様の御開帳からはじまり、湖上では帆引き船のパレードやカヌー体験、ステージや広場では各種団体の踊りや演奏の披露など一日中楽しめるイベントが盛りだくさん。農水産物の販売もあり。祭りのラストには盛大に花火が打ち上げられ、夏の一日を鮮やかに彩ります。

 

8月19日(土)
 第23回ひたちなか祭り花火大会 ひたちなか市 3000発

f:id:hayarino:20170703231923j:plain


「2日間にわたる「ひたちなか祭り」のオープニングを飾る花火大会が、勝田駐屯地で開催されます。目の前で打ち上がる創造花火や各種スターマインなど、約3000発の花火は迫力満点です。フィナーレを飾るメロディー付きジャンボスターマインは見どころのひとつとなっていて、これを見ないとひたちなか祭りは終わらないと言われています。

 

8月19日(土)
 いなしき夏まつり花火大会 稲敷市 12000発

f:id:hayarino:20170703232533j:plain


毎年8月に行われる「いなしき夏まつり」(合併前までは、えどさき夏まつりと呼ばれていました) 昼はステージイベントで盛り上がり、夜のお待ちかね「花火大会」へと続きます。「これぞ!日本一のスターマイン」との呼び声が高い花火をじっくり見てください。

 

8月19日(土)
 第40回利根町民納涼花火大会 北相馬郡利根町 1200発

f:id:hayarino:20170703233144j:plain


利根町民納涼祭りの夜を飾る花火大会が開催されます。スターマインや4号玉を含む約1000発の迫力ある花火が利根川上空に打ち上げられ、華やかな大輪の花火が咲き誇ります。同時に登録流しも行われ、夏の情緒を感じることができます。お祭り自体は18時から始まり、夜店もでて賑わいます。

 

8月19日(土)
 第39回水郷潮来花火大会 潮来市 3500発

f:id:hayarino:20170703234122j:plain


「日本で一番近くで見れる花火大会」といわれている花火大会です。スターマインやフラワーガーデンなど約3000発の花火が水郷の夜空を彩ります。特に水郷の町らしく水に咲く水中スターマインに注目してみてください。会場となる水郷北斎公園は利根川沿いに1キロ続く水辺の公園で、お散歩デートにも人気の場所です。

 

8月20日(日)
 第33回きらっせ祭り 神栖市 7000発

f:id:hayarino:20170703235149j:plain


昭和60年にはじまったきらっせ祭り。お祭りは海辺で行われ、ビーチサッカー大会などもあり、海水浴と同じ気分で祭りに参加できますね。夜の部ではみんなのお待ちかねの花火大会が始まります。関東では最大級の2尺玉があがります。自治体が行う花火大会では1尺玉でもかなり大型です。2尺玉の迫力を味わったら、きっと来年も足を運ぶことでしょう。

 

8月26日(土)
 第39回鹿嶋市花火大会 鹿嶋市 12000発

f:id:hayarino:20170703235913j:plain


茨城でもかなり人気のある花火大会で、駅からの無料シャトルバスの運行もあり、駐車場はカシマサッカースタジアムを用意するなど、アクセスの心配がほとんどいらない花火大会です。尺玉108連発なんて他の地域では見られませんし、フィナーレでは1000発の超特大スターマイン。声が出っ放しの花火大会です。

 

8月26日(土)
 なかひまわりフェスティバル2017 那珂市 1800発

f:id:hayarino:20170704000754j:plain


「なかひまわりフェスティバル」は、音楽・アート,季節の催し,などのイベントです。このイベントの見どころは、ひまわり畑です。見晴らし台から見た25万本の花々の風景にはみんなが驚きます。ひまわり畑を利用した迷路はお子さんにも大人気。フェスティバルのフィナーレを花火大会が飾ります。那珂総合公園の多目的広場から打ち上げられた華麗な花火が夜空を彩ります。

 

 

 

9月開催

 

9月16日(土)
 第45回 神栖花火大会 神栖市 6000発

f:id:hayarino:20170704001244j:plain


約6000発の大輪の花火が神栖の夜空を飾る「神栖花火大会」が開催されます。単発花火、スターマイン、特殊スターマインなどが打ち上げられます。子供向けのイベントも用意されていて、それいけ!アンパンマンショーや花火プレゼントなども催されます。今年も、神栖中央公園内の特設会場でよさこい踊りを繰り広げる「かみす舞っちゃげ祭り」と同時開催となります。

 

 

10月開催

 

10月7日(土)
 土浦全国花火競技大会 土浦市 20000発

f:id:hayarino:20170704001909j:plain


「長岡まつり花火退大会」「大曲全国花火競技大会」と並び、日本三大花火大会に数えられる花火大会です。翌年の新作花火をいち早く堪能できる大会となっており、この花火大会のバスツアーまで用意されている、全国区の花火の競技大会です。