2017 茨城花火大会最新情報!花火デートのスポットやおいしい穴場など

花火大会の開催日、打ち上げ予定数や予定される来場者数、駐車場の情報や場所取りに困らない有料席情報や混雑しない口コミスポットや花火の前に行きたい人気のデートスポットなど、有名な花火大会だけでなく、小規模な花火大会などの情報も。今日行ける茨城の花火大会!

花火デートの穴場探しの秘密兵器。AR搭載の打ち上げシミュレーターアプリ

 

f:id:hayarino:20170706061611j:plain

花火デートはできれば人混みを避けてゆっくりみたい。

でも、打ち上げ場所から離れると花火が見えるかわからないし・・

そんな悩みを1発で解決できるアプリがありました。

そのアプリの名は

「AR花火スコープ By HaNAVI」


このアプリを使えば、花火の開始を待たなくても「どの方向にどのぐらいの高さまで花火があがるのか?」ということを、スマホ画面に合成表示して教えてくれます。

そうなんです。 「ここで花火が見えるのか?」ということに気を遣わなくていいんです。

 

ARで花火の上がる位置が自分のスマホカメラで確認できる


あのポケモンGOと同じように「AR」機能とグーグルの地図機能を使い、花火大会の打ち上げ位置と花火のサイズから「その場所からだとこんな感じで見えます」ということがわかるようになるんです。

実際の画面はこんな感じです。

 

f:id:hayarino:20170708195100j:plain

この画像だと、背後のビルと花火が完全に被っていますね。

なので、この場所では花火が全然見えないってことです。

こうやって、視覚でわかるのがいいですよね?

 

使い方は簡単で、アプリをダウンロード(無料)して起動させる。

※アンドロイドで説明

f:id:hayarino:20170708202930j:plain

 

 

 

f:id:hayarino:20170708203014j:plain

 

f:id:hayarino:20170708203101j:plain

起動するとすぐにこの画面に変わり、どこの花火大会にするか?を選ぶんですけど、開催地別に選ぶこともカレンダーから選ぶこともできます。

f:id:hayarino:20170708203139j:plain

 

試しに一番右の「開催地」から探してみます。

「開催地から探す」をタップすると地方選択画面に進みます。

 

 

まずは大雑把な地方を選択。

選んだ地方をタップすると、次は都道府県を選べるようになります。

今回は関東地方を選んでみました。

f:id:hayarino:20170708201628j:plain

次は関東の都県を選びます。

 

茨城県を選んでみました。

 

f:id:hayarino:20170708201605j:plain

 

そうすると、茨城県内で開催される花火大会の一覧が表示されます。

 

「水戸黄門花火まつり」を選んでみました。

f:id:hayarino:20170708203312j:plain

 

そうすると、このように大会の詳細が表示されます。

f:id:hayarino:20170708203400j:plain

日付、時間、開催場所、雨天時の案内、入場料などの情報が表示されます。

けっこうしっかり書いてあるのでありがたいんです。

 

そして、画面の下までスクロールすると「花火スコープ」というボタンがあるので、それを押せばARの画面に切り替わります。

f:id:hayarino:20170708202812j:plain

 

実際に「水戸黄門まつり」でARで見てみたのですが、アプリを起動している場所から花火大会の会場まで距離が30キロもあり、ARの花火が表示されませんでした。。

最寄りを調べても距離にして20キロ近くあり、ARの花火が出現することはありませんでしたね。。

f:id:hayarino:20170708204124j:plain

うちのほうは田舎なもんで、すんません。。

でも、画面を見てください。

 

上半分がARの花火が出る画面で、下半分がグーグルマップになってるんです。(設定で変えられる)

グーグルマップ上の赤い旗が花火の打ち上げ場所で、その赤い旗の右斜め下に「青い点」が見えますか?

その「青い点」は自分の現在地なんです。

 

使い方として、最初は画面下のグーグルマップを見ながらその場でクルクル回るように動いてみてください。

そして自分が花火の打ち上方向に向いたら、今度は上のAR画面を見て見ます。

AR画面の丸で囲まれている矢印は、花火の打ち上げ場所の方向を指していて、水平線にある「白い点」が打ち上げ位置です。

なんでも、過去のデーターから打ち上げ場所のデーターを入れているそうなので、かなり正確な位置を示しているそうです。

また、打ち上げ場所に近づけば近づくほど、花火の大きさも大きくなっていくそうです。

当日の会場付近で使ってみると「とてもありがたいもの」になりそうな予感がします!

 

操作は画面を見れば分かるので、説明などは要らない感じですね。

 

花火会場までの案内地図としても使えますね。

 

 

収録されているデーターは日本全国で、花火大会の日程や運営先の情報なども収録されてます。

 

アプリをいじくり回してたら、一度でいいから日本全国の花火大会を巡ってみたい!という気持ちになりましたね。


もちろんAndroidにもiphoneにもどちらにも対応してます。


これを使えば、花火大会の会場から少し離れたところの穴場スポットも楽々探せそうです。

花火デートの穴場探しにも、カメラで花火を綺麗に撮りたいときにも使えそうですね。

 

シェアボタンがついていて、おすすめな場所を見つけたらTwitter  Facebook  LINEへも投稿できるんですけど、穴場を見つけようと探しているのに、せっかく見つけた穴場をわざわざシェアするのはどうなのかという疑問も残りますが、優しい人はみんなに教えてあげましょう。

 

AR花火スコープ アプリのダウンロードは下記公式サイトから

Androidでもiphoneでもダウンロード可能

hanavigation.com